読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とりあえずスキーに行ってみました。

こんにちわ、山本です。


というわけで早速、スキーに行ってきました。今回は初めてのスキーツアーなので、ツアーの概要も含め、時系列でレポートしていきます。


まずは東京駅のホームに集合!

f:id:hynm_hsc:20160212181133j:plain

フイナム スキー クラブ♡の最初の一歩となる、初のスキーツアー。メンバーは僕、蔡さん小牟田さんの3名に加え、アメアスポーツジャパンの朝野さん、サロモンのPRを請け負うの野村さんという布陣。

スキー初心者の我らがオジサントリオは、期待と不安が入り混じった状態でありながらも、のんきにおにぎりを頬張りながら目的地である野沢温泉スキー場に向けて、東京駅で待ち合わせ。7時52分の東京駅発金沢行の新幹線に乗り込みます

f:id:hynm_hsc:20160212181205j:plain


飯山駅着。レンタカーで野沢温泉スキー場へ。

f:id:hynm_hsc:20160212181312j:plain
f:id:hynm_hsc:20160212181436j:plain

飯山駅には9時32分に到着。駅を降りると白銀に包まれた美しい雪景色が目の前に拡がります。都心でくすぶっている僕にとって、これだけでも新鮮ではありますが、目指すは野沢温泉スキー場。感傷にふけることなく駅前でレンタカーを手配。目的地へと急ぎます。


これは楽ちん! サロモンステーションで丸っとレンタル!

両サイドを雪で覆われた雪国特有の道をひた走ること30分。遂に野沢温泉スキー場に到着! 新参者として周囲の視線を無駄に気にしながら、まずはスキー用具一式をレンタルするためにサロモンステーションに足を運びます。

f:id:hynm_hsc:20160212181507j:plain
f:id:hynm_hsc:20160212181540j:plain
f:id:hynm_hsc:20160212182216j:plain

更衣室で持参したスキーウェアに着替えを済まし、サロモンステーションのレンタルスペースへ。受付で名前、実力(もちろん初級)、靴のサイズを記入して、自分のレベルに応じた板とブーツをレンタル専属のスタッフがきちんとサポートしてくれるので、ギア選びの基準さえわからない僕らのような初心者でも、安心してレンタルすることができます。

f:id:hynm_hsc:20160212181941j:plain
f:id:hynm_hsc:20160212182018j:plain
f:id:hynm_hsc:20160212182056j:plain
f:id:hynm_hsc:20160212182139j:plain

しかも、店頭にはサロモンの最新のモデルもラインナップ最先端のテクノロジーを気軽にレンタルで味わえるのは、熟練のスキーヤーにとっても嬉しいポイントと言えそうです。


スキースクールで初歩的なスキルを学ぶ。

f:id:hynm_hsc:20160212182553j:plain

オジサントリオの講師を務める西澤さんに挨拶を済ませたあとは、早速ゴンドラに乗って山頂手前のポイントまで向かいます。ポイントに到着すると広大なゲレンデを目の前にしながら、その隅っこの緩やかな斜面で初心者講習

板の付け方、取り外し方に始まり、カニ歩きボーゲンなど、コースに足を踏み入れる前に知っておくべき必要最低限のスキルを学びます

f:id:hynm_hsc:20160212182657j:plain
f:id:hynm_hsc:20160212182826j:plain


早速、実践! 初めてのゲレンデに飛び込みます。

f:id:hynm_hsc:20160212181054j:plain

初心者講習を終えたら、今度は実践あるのみ。40%は初心者向けと言われる野沢温泉スキー場は、初心者の僕らには打って付けのゲレンデ。覚えたてのボーゲンを駆使しながら、体を慣らしていくと、徐々にコツのようなものが見えてきます

コツが見えたら調子に乗るのがオジサンのサガ。ときに豪快に転びながら、スキーで使う筋肉を体と頭に染み込ませていきます。コースの説明を受け、リフトにビビリ、思い思いに滑走しつつ、ときに講師の西澤さんが上達のコツをピンポイントで指導してくれます

f:id:hynm_hsc:20160212183208j:plain
f:id:hynm_hsc:20160212183250j:plain
f:id:hynm_hsc:20160212183427j:plain


極上の“ゲレ食”で胃袋を満たす!

ひとしきり滑った頃にはお昼の時間。長坂ゴンドラリフト山頂駅2階にある「レストハウスやまびこ」へ。西澤さんがお勧めする「野沢菜ビーフステーキライス」を迷わずオーダー。

f:id:hynm_hsc:20160212183523j:plain

しょせんゲレンデ飯だろうと期待をせずに口へ運ぶと、これがまた驚くほど美味しい! 地元の名産・野沢菜を混ぜたほのかに酸味の香るご飯に、目の前で焼き上げたボリューム感のあるステーキの甘みのある脂身が絶妙に絡み合い、疲れた体がみるみる癒やされていきます

ちなみにこちらのメニュー、長野県がゲレンデの食事のレベルアップを目的に開催した「ゲレ食バトル」の2013年のチャンピオンだそうです。どうりで美味しいはず。


熟れた後半は自由滑走! ところどころで教えを請います。

f:id:hynm_hsc:20160212184041j:plain
f:id:hynm_hsc:20160212184051j:plain
f:id:hynm_hsc:20160212184140j:plain
f:id:hynm_hsc:20160212184518j:plain

食事を終えると再びゲレンデへ。残った時間を目一杯滑り倒します。スピーディにゲレンデを滑走する蔡さん、なめらかに滑り抜ける小牟田さん、エッジをギュンギュン効かせながら下る僕。三者三様ながらも、各々が自分の滑りに陶酔しながらスキルアップに励みます

未経験から初心者へと着実に階段を登ったところで、無念のタイムアップ! 最後のひと滑りをじっくりと堪能したら、サロモンステーションに板とブーツを返却。日帰りツアーのため、日が暮れる前にスキー場を後にします

あっという間に帰りの時間になってしまったものの、各々は充実の表情。蔡さんいたっては終わったそばから、次回の計画を練り出すほどスキーの虜になった模様。


最後の締めは温泉! 新幹線で打上げ!

そして最後は温泉街へ移動。『ミシェラン・グリーンガイド 日本編』で二つ星を獲得したという「信州野沢温泉・旅館さかや」の天然温泉で、疲れた体をほぐします。この贅沢なひとときもまた、大人のスキートリップの醍醐味と言えるでしょう。

f:id:hynm_hsc:20160212184232j:plain
f:id:hynm_hsc:20160212184335j:plain

そして最後の締めは新幹線での打上げ! 飯山駅で買い込んだ缶ビールを片手に、朝野さんが撮影をした動画を観ながら反省会がスタート。各々の滑りを振り返りながら、体重移動や重心、姿勢など細かな部分をチェックします。

次回への課題を見えてきたあたりで東京駅着。心地良い疲労とほろ酔い加減で解散、帰路についたのでありました。


で、初めてのスキーはどうだったのか?

率直な感想からすると、大満足! スキー、かなり楽しい! 都会の喧騒を抜けて、大自然に囲まれた雪山ではしゃぐのは、年齢を問わず楽しめるものなのだなと。最初は不慣れな場所ゆえに周囲の視線が気になっていましたが、いつからかまったく気にならなくなりましたし。それくらい夢中になれるスポーツなんですよね、スキーって。

しかも、サロモンステーションを使えば、ほとんど手ぶらに近い状態で足を運べるのも魅力的。今回はウェアを持参しましたが、ウェアも含めてレンタルしちゃえば、手荷物ゼロになりますからね。なんなら出社時と変わらぬ軽装でスキー場へ行くことだってできちゃいます。気になる方は下記のリンクでチェックしてみてください。

www.salomon.co.jp

ただ、僕自身が憧れる山スキー」への道は険しいことも改めて実感しましたね。まだまだなんだなと。道が険しいからこそ、やり甲斐もあるんですけどね。ちなみに今シーズンだけでも残り2回はゲレンデに足を運ぶ予定。着実にステップアップできるのか、その様子は追ってこのブログで紹介していきます。お楽しみに。


f:id:hynm_hsc:20160212184552j:plain